WE21ジャパンこうほく

地域でのリユース・リサイクルを通して、アジアの女性たちが自立して暮らせるよう支援し、アジアの女性たちと連携してアジア地域に平和を築いていこう、とする「WE21ジャパン」の趣旨に賛同し、2002年7月にリサイクルショップ「WEショップこうほく」をオープン、リサイクルショップの収益を支援につなげる活動を始めました。

2004年4月 法人格を取得。

NPO法人WE21ジャパンや神奈川県下に36ある地域NPO(WE21ジャパン○)と連携しつつ独立した組織として活動しています。

これまでに東ティモール・バングラデシュ・ブルキナファソ・アフガニスタンなどのプロジェクトに支援してきました。現在の支援先はインド・フィリピン・カンボジア・モンゴル・パレスチナ5カ国7プロジェクトです。

自分たちの暮らしが地球の限りある資源を一部の国が大量に消費し、不公正な社会を生み出していることに対して、国と国ではなく人と人とがたすけあう民際協力を通して、助けあい、支えあい、人間的で対等な関係を築き、地球に住み暮らす人々すべてが平和に暮らせる社会をめざしていきたいと考えています。

<私たちの活動の拠点 WEショップ は‥>

1.地域で資源を循環
資源を大切にする暮らしを大切にすることで、資源の消費も減り、ゴミも減り、地球温暖化など環境問題にも貢献できると考えています。

2.モノを海外へ送らず、収益をNGOへ寄付 
ご寄付していただいた衣類や雑貨は、そのまま海外へ送るのではなく、WEショップで販売してお金に換え、それをNGOのプロジェクトへの活動に寄付する形で、民際協力活動を行っています。日本から直接、モノを寄付することが喜ばれる場合もありますが、現地のニーズと合わずにゴミとなってしまう、その地域の文化や経済を壊してしまう可能性もあります。WEショップで販売して得た収益を活かしていく方法をとっています。

3.ボランティアで運営 
ショップの運営はじめさまざまな活動はボランティアで行なわれています。
また、WEショップでの活動がアジアの女性たちの自立支援にもつながり、わたしたちの元気にもつながります。
(WEは「Women’s Empowerment」の頭文字で「女性たちが元気になる」の意味です。)

 

<WE21ジャパングループのビジョン・ミッション>

■ ビジョン (未来の理想像)

地球に住み暮らすあらゆる人びとが、生きるために必要な条件や 権利が公正なルールによって保障され、自律した地球市民として行動できる社会の創造をめざしています。

■ ミッション (使命・役割)地球規模で起きている資源の奪い合いや環境破壊・貧困をなくし、環境や人権について考え・行動する市民を地域に拡げていきます。

                                        

【 当法人に関する情報の公開】

2017年度(平成29年度)
事業報告書 (2018/6/2 準備中です)
活動計算書 
貸借対照表 
財産目録 
給与規定
資産 資金の譲渡 寄附金等明細書 (2018/6/2 準備中です)
定款 
認証の写し
登記事項証明書 
寄附金充当予定事業一覧(県指定第2号様式) 

2016年度(平成28年度)以前の公開情報についてはこちらをご覧ください。

これまでのあゆみと事業高はこちらをご覧下さい。

Comments are closed.